旅行から帰ってきてもう2週間経ちました。楽しい事はあっという間に過ぎますね。

クルーズでの旅行は荷物の移動がなく、目的地まで遊んだり、食べたり、寝たりしながらなので楽ちんで無駄が無く最高でした。帰ってきた次の日からまたクルーズ行けるように貯金しようと気持ちも前向きになり、お仕事も頑張れそうです。
IMG_2464

今度はどの船に乗ろうかなあとニヤニヤしてしまいます🥰🚢🛳
IMG_2633
IMG_2478


船での生活を楽しみに終日クルーズが好きな人。寄港地を楽しみにする人。様々な楽しみ方ができますね。

クルーズ行ってみたいけど船酔いが心配という方も結構いますね。私はディズニードリーム号で1日だけ酔ってご飯食べられない日ありました。薬飲んだらすぐ良くなり、今回は初めから酔い止め飲みました。3日目くらいに薬飲まないで大丈夫そう🙆‍♀️と飲まないで様子見たところ、大丈夫でした。慣れが出てきたのでしょうね。
21042564-4A0F-40EB-AD74-1138628CF8E0

寄港地でのオプショナルツアーに関しては、船会社のツアーは英語できない私にはほとんど聞き取れず、たくさん説明されても分からず時間がもったいなかったです。シャトルバス使って帰りの時間に絶対間に合うように出かけていくのも楽しいと思います。もしも船が出てしまったら次の寄港地までなんとか自力でたどりつかなければなりません。
IMG_2854

あとはクレジットカードのこともちょっとだけ。同じツアーでJCBのカード数枚持ってきたけど、VISA1枚だけという方いました。暗証番号間違えてカード使用を凍結されたため、船の精算を現金でされたそうです。(よく現金持ってましたね〜)JCB使えないお店多いのでVISAかMasterCard、アメックスが良いようでした。船のチップはベッドメーキングとレストランは一括精算されるので現金そんなに必要ありませんでした。私たちは2万円分くらいを小さな€に替えて丁度良いくらいでした。

このような素敵な経験をさせて頂き夫のおかげです。また連れて行ってもらえるようにまた毎日の仕事、家事などの生活を頑張り、健康に気をつけて元気でいたいと思います。

IMG_2773
IMG_2706
IMG_2699




コスタデリチョーザはカジュアル船なので、厳密なドレスコードではありませんでしたが、フォーマルdayはみなさんそれなりのおしゃれをしてました。普段着の方が目立って浮いちゃう感じになってました。

ホワイトナイトという日もありました。調度ギリシャにいる頃で、ギリシャの人が着ているような綿素材の軽いワンピースを着ている人が多かったかな。全身白で決めている人達かっこよかったです。みんなで生演奏でダンス💃して、クイーンの曲なんかもありました。夫は踊らず、わたしを撮ってくれてたみたいです。丸がついてる。
IMG_2693
IMG_2692
その他、仮面舞踏会やらイタリアンナイトなど、深夜までイベントありました。
IMG_2691
IMG_2898
全員が毎日夜中まで起きてるわけではないんでしょうが、老若男女みんな楽しんでました。

当日の船内のイベントスケジュールやレストランのオープン時間などは前日に配布される新聞でチェックします。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
今回は添乗員さんがそれを訳して部屋まで配布してくれていました。12組の参加者の部屋を毎日まわるだけでも大変なお仕事だったと思います。素晴らしいわ〜。


FullSizeRender
前回のディズニードリーム号の時には郵船トラベルさんを通しての申し込みで、船に乗る前に説明していただいたくらいでした。あまりの手厚さにびっくり。

寄港地の案内も日本語で聞けるなど楽チン。
船会社主催のオプショナルツアーの参加では全く英語が聞き取れない上に解放もしてもらえなかったので窮屈さも味わいましたがそれも経験の1つになりました。

今回の経験で船のシャトルバスで行けば、時間さえ守れば寄港地に置いて行かれる心配がなく、それなりにのびのびと楽しめると思いました。それも夫ありきで、私一人では方向音痴なので、そのバス停の場所すら分からなくなりそうです。怖い怖い。

地図をちゃんと読めることは必然ですね。

デリチョーザには日本語スタッフいないと聞いていましたが、なんと今回から日本人の女の子の新人さんが乗っていました。まだ研修終わったばかりなので添乗員さんの方が色々知っていましたが、経験を積んで活躍してほしいですね。




↑このページのトップヘ